Page: 1/23   >>

本日は女性の灯台守「アイダ・ルイス」の生誕175周年の記念ロゴでした。


 2017年2月25日は「アイダ ルイス 生誕 175 周年」として、Googleのロゴが変化しました、この「アイダ・ルイス」とはアメリカの女性の灯台守です。彼女は1842年にアメリカ合衆国ロードアイランド州のニューボートという場所で、4人兄弟の長女として生まれました。彼女が灯台守になったのは16歳の時、「ライムロック灯台」の灯台守をしていた父親が脳卒中で倒れ、一人で仕事をこなせなくなったので、彼女は母親や兄弟と共に父親の仕事を手伝う事になったのです。この「ライムロック灯台」とは、周りを海に囲まれた岩の上にあり、仕事の他にも彼女は毎日ボートを漕ぎ出して、兄弟の送り迎え、生活用品の買い出しもしました。
 そして、泳ぎが得意だったのもあり、彼女は遭難した船の救助も行ったのです、やがて、彼女の活動はアメリカ全土に知れ渡り、それが評価され「ゴールド・ライフセービング勲章」を贈られたのです。彼女に会うために灯台を訪れる程の有名人になり、その功績は世を去った後も称えられ、灯台守を務めた灯台は今は閉鎖されたものの、「アイダ・ルイス・ライムロック灯台」と改名されたのです。そんな本日のロゴは、絵を横にスライドすると彼女の功績が一目で分かるシンプルなデザインになっています。
| 19:42 | comments(0) |

本日は「地球に似た太陽系外惑星」が7つも発見された記念ロゴでした。


 2017年2月23日の日本時間午前3時に驚くべき発見のニュースが世界中を駆け巡りました、それが本日のロゴデザインにもなっている「地球に似た太陽系外惑星7つ発見!」です。カーソルを合わせると、その文字が浮かび、クリックすると先に書いた時間に米航空宇宙局、通称「NASA」が「太陽系外惑星に関する新しい重要な発見」の会見が開かれた記事が表示されます。その会見によるとNASAは、みずがめ座の方角に39光年先の宇宙で地球のサイズに似た惑星が7つ発見された、と発表したのです。つまり、光の速さですが、39年かければ行ける宇宙に、地球と同じような惑星が7つある事が分かったのです。これは、NASAの「スピッツァー宇宙望遠鏡」で観測したそうで、その内の6つは地球と似た様な質量もあり、惑星同士の距離もよく、海が存在する可能性もあるそうです。
 つまり、その惑星には「生命」がいるかもしれないのです、そんな本日のロゴは地球が望遠鏡を覗いていると、7つの惑星が手を振っているアニメーションになっています。因みに、7つの惑星は英語で「Earth’s seven sisters.」、翻訳すると「地球の7つの妹」という名称で報道されているそうです。

追記:24日の午前頃まで同じロゴデザインになっていました。
| 16:51 | comments(0) |

本日は「バレンタイン」と絶滅危惧種の「センザンコウ」のコラボ記念ロゴでした。


 2017年2月13日は可愛らしい動物がTOPに居て、カーソルを合わせると「ハッピーバレンタイン!センザンコウの恋を応援しよう」という表示が出ます。再生ボタンをクリックすると「センザンコウ」という生き物の簡単な説明の後にゲームが始まります、最初は簡単な横スクロールの画面になり、クリアするとポストに辿り着きます。そこで手紙を送った相手も自分に好意があると知ったセンザンコウは相手に会いにいきますが、上手くいきません。すると、次のゲームが始まり、また横スクロールのゲームが始まります。
 この様にゲームと短編アニメーションを楽しめる仕様になっており、最後までクリアすると思いを寄せるセンザンコウに会える様になっています。ゲームは全部で4つ、停止ボタンを押すと途中でゲームを中断できて、検索ボタンをクリックすると「バレンタイン」に関する記事が表示されます。日本で女性から男性にチョコレートを渡す習慣が生まれたのは、諸説ありますが最近の事で、更に今は友達同士や自分用のチョコなど色んなシチュエーションが楽しめる様になっています。

追記:14日も同じロゴデザインになっていました。
| 23:56 | comments(0) |

本日は「旧正月」に因んだロゴデザインになっていました。


 2017年1月28日は「旧正月」という事で、Googleロゴのデザインが酉年のデザインになっていました。この旧正月とは、主に中国、日本、朝鮮半島、韓国、ベトナムなどの東南アジア諸国の仏教暦の事で、大体は1月21日から2月20日頃までを毎年移動します。特に香港、台湾、韓国、ベトナム、モンゴル、ブルネイでは最も重要な祝祭日の一つと考えられ、新暦と呼ばれる1月1日より盛大に祝います。この影響が強いのが中国から移民が多いシンガポール、マレーシア、インドネシア、ミャンマー等で、他にも中華街では中国式の新年として祝われます。日本では新暦の1月1日が一般的ですが、兵庫県や神奈川県に中華街があるので、祝う事があります。
 爆竹を鳴らしたり、赤い提灯を飾ったり、龍を模した曲芸が披露されたり、場所によっては新年以上にお祝いムードが盛んな場所があります。そんな本日のデザインは、真ん中に今年の「酉年」に因んだ鶏の絵と、その周りに食べ物や飾り、Googleの文字は赤い提灯に収まっています。
| 17:20 | comments(0) |

本日は「世界標準時」を考案したサンドフォード・フレミング氏の生誕190周年の記念ロゴでした。


 2017年1月7日は「サンドフォード フレミング 生誕 190 周年」でGoogleのデザインが変化しています。このサンドフォード・フレミングなる人物は、カナダとイギリスで活躍した土木技師で科学者です。出身はスコットランドで、元は測量士として働いていましたが、18歳の時にカナダに移り住みます。やがて、彼は測量士や土木技術者、建築家の為の組織「ロイヤルカナディアン研究所」を設立して、この組織は政府にも認められ、公共事業等を請け負う事になります。やがて、彼は土木に限らず、鉄道技師としての経験を積んでいくのです。そして、様々な鉄道会社で技師として働き、測量技術を生かして鉄道の為に尽力する事になりました。
 そして、当時の鉄道の時刻表が乱れていた事で、彼はリニッジ子午線の時間を「世界共通の24時間時計」とする「世界標準時」を考案したのです。今回のデザインで鉄道の下に時刻と同じ画面にグリニッジ子午線が描かれているのは、こうした理由からでしょう。レトロなイラストと相成り、一枚の切手の様な仕上がりになっています。
| 23:14 | comments(0) |

本日は「元旦」であり、新年を祝うロゴデザインになっていました。


 さて、昨夜から一夜明けた本日2017年1月1日は「元旦」です、国民の祝日の一つであり、1年の一番最初の日。2017年は日曜日なので、年末年始は旅行に出かけられた方もいるでしょう、世界的に見ても現在の暦で一番最初の日とされているので、日本国内でも場所によっては盛大に祝っている事でしょう。最も、日本で「国民の祝日」になったのは1948年と割と近年の事で、国民の祝日に関する法律によると「年のはじめを祝う」という内容で祝日になりました。地方によって違いはあるでしょうが、本日を含めた1月3日までを「三が日」までを含めて「お正月」と呼んで、おせちや御雑煮を食べたり、お年玉を配ったり、初詣に正月遊びなど独特の行事や習慣が行われます。
 そんな本日のGoogleロゴは前日、2016年12月31日に日付が変わるのを待っていた風船達が解放されて「2017」と書かれた風船と紙吹雪、日付が変わった時計の前に落ちてくるアニメーションになっています。お祝いムード満載の可愛らしいアニメーションで、新年を祝うのにピッタリなデザインです。カーソルを合わせると「新年明けましておめでとうございます!」という文字と、クリックすると元旦に関する記事が表示される仕様になっています。
| 23:28 | comments(0) |

本日は「大晦日」の記念ロゴデザインになっていました。


 本日は2016年12月31日、そう「大晦日」です、大掃除におせち等の新年の準備を迎える今日、Googleロゴも新年に備えた変化しました。沢山の風船たちが網の中から時計と見つめ、今か、今かと日付が変わる瞬間を待っているアニメーションです。カーソルを合わせると「良いお年をお迎えください!」という表示され、クリックすると「大晦日」の記事が表示されます。世界中で新年を祝う準備もあるでしょうが、今年は日本の習慣を幾つか紹介していきます、そもそも日本の大晦日は1年を司る「歳神様」や「歳徳神様」という神様への信仰に基づいて生まれたのです。まだ今の様に暦が決まっていなかった時代は、この歳神様が訪れる年の初め「正月」に全員が1歳年を重ねる習慣がありました。
 今では簡単になったり、地方ごとに違う過ごし方もありますが、概ね1年の汚れをキレイにする「大掃除」や年越しに食べる「年越し蕎麦」に、煩悩と同じ数だけつく「除夜の鐘」が大晦日の定番となっています。それから、紅白を見たり、日付が変わる前と後に参拝する「二年参り」等があります。
| 16:24 | comments(0) |

本日は「チャールズ・マッキントッシュ」の生誕250周年の記念ロゴでした。


 今年も残り僅かとなった2016年12月29日は「チャールズ マッキントッシュ 生誕 250 周年」を記念したロゴデザインでした。マッキントッシュと聞いて、アップル社が製造しているパーソナルコンピュータを思い浮かべた方もいるでしょうが、それとは関係なく、彼はスコットランドの科学者で雨に濡れても大丈夫な「防水布」を発明した人物です。元は書記官として働いていたのですが、科学に日常的に興味を持っていた為に、書記官を辞めて科学に専念する事にしたのです。そして、1822年に「防水布」を発明したのです。そして、翌年の1823年に彼の名前からとった「Mackintosh」というレインコートブランドで販売して、これが大流行、現在でもイギリスでは有名なレインコートブランドして残っている程です。
 そんな本日のロゴは、雨の中に佇む男性のアニメーションになっています、そして男性が帽子を脱ぐと大量の水が出てきますが、彼の服は水に濡れません。Googleロゴも彼の服と同じ様なデザインになっており、オシャレな印象を受けます。
| 18:47 | comments(0) |

本日は「クリスマス」の記念ロゴデザインになっていました。


 本日は2016年12月25日、昨日が「クリスマス・イヴ」であり、今日が「クリスマス」です。ロゴにカーソルを合わせると「メリークリスマス!」は変わっていませんが、アニメーションが変わっています。一般的にはイエス・キリストの誕生を祝う祭とされ、教会によっては「降誕祭」という表記もされるそうです。カトリック教の影響が強い地域では12月25日に始まり、1月6日に終わるそうです。フランスの教会の多くではキリスト生誕時の情景を表現したジオラマ「クレシュ・ド・ノエル」が飾られて、イタリアではプレゼントを持ってくるのは日本でもお馴染みの「サンタクロース」ではなく魔女の「ベファーナ」とされており、他にもオランダやドイツの一部地域では子供達がプレゼントを貰うのは12月6日だったり、良い子にはプレゼントを悪い子には石炭を与える存在がいたり、バリエーションは様々です。
 日本でも商店や街中で「ジングルベル」が流れたり、赤い服を着たサンタクロースが子供達にプレゼントを配る、というイメージが定着しています。そんな本日のロゴデザインは、Googleのロゴ達が暖かな暖炉の前でプレゼントを開けたり、編み物をしたり、寛いだ様子が描かれています。
| 20:54 | comments(0) |

本日は「クリスマス・イブ」を記念したロゴデザインでした。


 2016年12月24日は「クリスマス・イヴ」です、なので、本日のGoogleロゴはカーソルを合わせると「メリークリスマス!」と表示されます。ロゴをクリックすると「クリスマス・イヴ」に関する記事が表示されます。「クリスマス・イヴ」とはクリスマスの前夜、つまり12月24日の夜を意味する英語の音訳です。教会では今日の夜がイヴで25日がクリスマスとなります、教会によって祭典の行われ方は異なりますが、クリスマスに向けての準備等が行われます。そして、多くの国では「家族と過ごす日」と考えられており、当日までに家の外や内装をイルミネーションやツリー、リースやプレゼントで飾ったり、教会に足を運ぶ場合もあります。
 日本は宗教的な意味合いより、恋人と過ごすというイベント的な認識が多く、カレンダー上でも祝日ではないので、特別な習慣はないと言えます。ですが、日本は楽しい事は積極的に取り入れる所もあるので、クリスマス関連の商品は数多く販売され、イヴとクリスマスにパーティを開く人もいます。そんな本日、クリスマスを控えたイヴのロゴデザインは、子供達らしきGoogleのロゴ達が寒さで曇ったガラスに思い、思いの絵を描くアニメーションになっています。
| 19:10 | comments(0) |

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

新着記事

カテゴリー

過去ログ

プロフィール

ブログ内検索

リンク集

Feed

モバイル

qrcode