Page: 1/32   >>

本日は2018年「アースデー」を記念したロゴデザインでした。


 2018年4月22日は「アースデー 2018」という事で、Googleのロゴが変わりました、この「アースデー」とは、地球環境について考える日として提案された日の事です。元々はアメリカ合衆国のウィスコンシン州選出の上院議員が1970年4月22日に環境問題についての討論集会を開催する事を呼びかけたのが最初だそうです。そして、驚くことに、呼びかけに応じた人は2,000万人以上だったとも言われているそうです、その運動が世界中に広まり、定着したそうです。因みに、国連が決めた「アースデー」は「3月21日」となっており、こちらはウィスコンシン州の1年前の1969年に「ユネスコ」の環境関連の会議で提案されたそうです。
 提案された年と日付が近いので間違えないために、本日の「アースデー」は正式には「International Mother Earth Day(国際母なる地球の日)」と名付けられたそうです。そんな本日のロゴデザインになったのは、ジェーン・グドールさんという方で、子供時代から動物好きで、人類学者のルイス・リーキーさんの助手をして、チンパンジーの研究で沢山の発見をしたそうです。再生ボタンを押すと、アニメーションと共に彼女のメッセージが流れる仕様になっています。
| 23:29 | comments(0) |

本日は俳優のオマル・シャリーフ氏の生誕86周年の記念ロゴデザインでした。


 2018年4月10日は「オマル・シャリーフ 生誕 86 周年」という事で、Googleのロゴが変わりました、このオマル・シャリーフ氏はエジプト出身のアラブ人俳優で、本名は「ミシェル・ディミトリー・シャルフーブ」というそうです。1932年頃にエジプトのアレクサンドリアに生まれ、父親は材木商、母親は文化人で社交家でありエジプト国王と面識がありました。そんな風に裕福な家庭に生まれた彼は、アレクサンドリアのビクトリア・カレッジを卒業後に父の仕事を手伝い始めますが、その時に演劇に興味を持って、最初は素人劇団で舞台に上がる程度でしたが、それを重ねる内に本格的に演劇を学ぶ為にイギリスへ留学し、ロンドンの王立演劇アカデミーで演技を学びました。
 そして、帰国後はエジプト映画に俳優として出演し、そしてアラブ映画界のスターになったのです。そして、1962年頃にイギリスの映画監督が「アラブ人の俳優」を探している際に、彼を見つけたのです。国際的な場所で育った彼は英語など他にも5ヵ国語を話せるのもあり、その監督の映画に起用され、その映画が大ヒットを記録した上に「アカデミー賞助演男優賞」にノミネートされたのです。こうして、彼は俳優として世界的スターになり、ハリウッド映画にも出演したのです。そんな彼の記念ロゴデザインは「Google」の間に肖像画が描かれており、ライトが当たる様なアニメーションになっています。
| 22:47 | comments(0) |

本日はメキシコの女優マリア・フェリックス氏の生誕104周年の記念ロゴデザインでした。


 2018年4月8日は「マリア・フェリックス生誕 104 周年」という事で、Googleのロゴが変わりました、このマリア・フェリックス氏とは「メキシコ映画の黄金時代」を代表する女優の1人で、ソノラ州アラモスに生まれて、11人の兄弟が居て、活発な子供時代を過ごしたそうです。その後はハリスコ州グアダラハラに移り住み、10代後半になると、美貌が評判になって、グアダラハラ大学では「ミスクイーン」に選出されたそうです。この時に知り合った男性と結婚しますが、4年後に離婚、その後は子供と共にメキシコシティに移住して、受付係として働いていました。その頃に通りを歩いて居た時に映画鑑賞の目に留まり、スカウトされます。
 そして、1942年に映画デビュー、初ヒロインを演じました、この映画が大ヒットして彼女は一躍スターになりました。そして数多くのメキシコ映画に出演、その後はスペインの映画会社と契約を結び、スペイン、イタリア、フランス、アルゼンチン等の映画にも出演しました。そんな彼女の美しさは多くの人が称えており、幾人もの有名画家が彼女の肖像画を描いたそうです。コレクションの幾つかが世を去った後に美術館に飾られる彼女を記念するロゴは、アクセサリーを身に着けた肖像画風のデザインとなっております。
| 16:37 | comments(0) |

本日はマヤ・アンジェロウ氏の生誕90周年を記念したロゴデザインでした。


 2018年4月4日は「マヤ・アンジェロウ生誕 90 周年」という事で、Googleロゴのデザインが変化しました。このマヤ・アンジェロウという人物は、アメリカの作家、活動家だそうです。ですが、作家だけでなく、ダンサー、脚本家、歌手など様々な職種をこなして、当時のアフリカ系アメリカ人が受けていた差別に対して活動を行っていたそうです。本名は本名は、マーガリート・アニー・ジョンソンといい、幼少期は両親の離婚や理不尽な暴力で心に深い傷を負い、17歳でシングルマザーになる経験をしましたが、1951年頃に結婚。この頃からダンスの勉強を始めたそうです、結婚生活は3年ほどと短かったのですが、ダンス自体は評判となり、ダンスツアーやレコードアルバムも出したそうです。
 そして、1959年頃にジョン・オリバー・キレンズという小説家に出会い、そこからキング牧師ことマーティン・ルーサー・キング・ジュニア氏など文化人と知り合う機会を得たそうです。彼女はキング牧師の話に感銘を受け、共に活動家したそうです。そんな彼女を記念したロゴデザインは、再生ボタンを押すと彼女の詩が映像と共に流れる仕様になっていました。
| 23:36 | comments(0) |

本日は18世紀に人気を博した料理本の作者ハナー・グラス氏を記念したロゴデザインでした。


 2018年3月28日は「ハナー・グラス 生誕 310 周年」という事で、Googleのロゴが変化しました、このハナー・グラスという人物はイギリスの女性料理家で、1747年頃に出版された料理本の著者として有名なのだそうです。タイトルは英語で「The Art of Cookery made Plain and Easy」、直訳だと「料理の芸術は平素で簡単に出来る」という内容ですが、要は「簡単できる料理本」です。調べた所、この本は約384ページに及び、たくさんの料理が紹介されているそうです。料理人でなくても料理は作れる、という趣旨らしく、難しい用語を使わずに、分かりやすい言葉で書かれたレシピが多数収録されていたので、すぐにベストセラーになって当時の英語圏に広まったそうです。
 この本は何度も印刷され、その度に新たな料理が追加され、著者である彼女が世を去った後も出版され続けたそうです。そんな彼女の生誕を記念したロゴデザインは、彼女が自分のレシピ本で紹介した「ヨークシャー・プディング」を作っているデザインになっており、湯気が「Google」の形になっています。
| 23:21 | comments(0) |

本日は海洋調査で高い評価を受けた猿橋勝子氏を記念したロゴデザインです。


 2018年3月22日は「猿橋勝子 生誕 98 周年」という事で、Googleのロゴデザインが女性の自画像に変わりました。この猿橋勝子氏とは、日本の自然科学者で、地球の環境を化学的な観点から観測する学問「地球化学」を専攻していたそうです。その中でも、地球や惑星の化学組成、地層の化学変化、地球上の化学物質などの研究を行っていたそうです。
 ですが、彼女が生まれた1920年頃は女性が学問の道に進むのは難しいとされる時代でした、なので彼女も一旦は諦めかけたのですが、1941年頃に女性の為の理学専門学校、今の東邦大学の前身である「帝国女子理学専門学校」が開設されたのです。勿論、彼女は一期生として入学、卒業後は現在の気象庁気象研究所になる場所で研究を続けました。彼女の研究が評価されたのは、1954年に行われた水爆実験により海洋汚染の調査です。今までの研究を元に行われた観測は非常に正確な数値をだし、その観測方法は「猿橋のテーブル」と呼ばれたそうです。そんな本日のロゴですが、先に書いた海洋調査の実績を元に、背景が海、その波の中に「Google」の文字が描かれています。
| 21:06 | comments(0) |

本日は2018年の「春分の日」を記念したロゴデザインでした。


 2018年3月21日は「2018 春分」という事で、Googleのロゴデザインが変化しました、この「春分の日」は国民の祝日の1つで「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」と定められているそうです。この祝日は昭和23年に交付されたもので、それより前は「春季皇霊祭」という祝日で、歴代の天皇、皇后らの霊を慰める儀式を行う日だったそうです。この名残で、日本では「お彼岸」の意味もあり、それに合わせて和菓子を食べたり、お墓参りに行く風習や行事が今も残っているそうです。また、「春分」とは、1年を24等分する暦「二十四節季」に登場するもので、1年で1週する太陽の通り道にある「春分点」を通過する日であり、それに因んで「昼と夜が同じ長さになる日」とされています。
 ですが、調べた所、日本では約14分ほど昼の方が長くなっているそうです、そんな本日のロゴは「春」らしくキレイな花が描かれており、片隅にギターを弾くキャラクターが居て、その音色に誘われるように花の間から可愛い目が覗くデザインになっています。
| 19:46 | comments(0) |

本日は慈善事業で名を残したジョージ・ピーボディ氏を記念したロゴデザインでした。


 2018年3月16日は「ジョージ ピーボディ をお祝い」という事で、Googleのロゴデザインが変化しました。このジョージ・ピーボディ氏とは、1795年2月18日頃にアメリカ出身のマサチューセッツ州のサウス・デンバー生まれた企業家で、有名な慈善事業家だそうです。20代の頃に生活衣料雑貨事業を設立し、ビジネスを開始して、投資を受けて更に事業を拡げていきますが、1864年には第一線を退いています。そんなビジネスマンの彼が1862年頃に設立したのが「ピーボディ慈善基金」で、貧しい労働者や子供達の経済的な支援の為に、教育基金を設立して、多くの施設を設置したそうです。
 ロンドン進出後はイギリスで生活を続けました、そんな彼が生涯で寄付した金額は当時の800万ドル以上と言われているそうです。その功績が称えられ、イギリスでは世を去った後は手厚く埋葬されましたが、生前に故郷に埋葬される事を希望していたので、改めて故郷であるサウスデンバーに埋葬され、サウスデンバーは彼の名である「ピーボディ」と改名したそうです。そして、本日が記念日に選ばれたのは、彼の教育における慈善事業への寄付に対して、アメリカの「議会黄金勲章」という受賞した日だから、だそうです。デザインは、彼と共に子供達が学ぶ姿が描かれたデザインになっています。
| 22:41 | comments(0) |

本日は世界初の合成染料を発見したウィリアム・パーキン氏の生誕180周年の記念ロゴデザインでした。


 2018年3月12日は「ウィリアム パーキン 生誕 180 周年」という事で、Googleのデザインが変化しました、この「ウィリアム・パーキン」という人物は、イギリスの化学者で世界初の合成染料「モーブ」を発見した事で有名だそうです。ロンドンのイースト生まれで、15歳で王立化学大学、現在のインペリアル・カレッジ・ロンドンでドイツ人の化学者ホフマン氏の元で勉学に励み、彼が帰国してからも、休暇中は自宅で実験を行っていました。最初は1820年頃に発見され、古くからマラリアの特効薬として使われていたものの、その構造が判明していなかった「キニーネ」というキナの樹脂の構造を把握する為に合成実験を行っていました。
 ですが、思ったような結果は得られず、今度は「アニリン」という化合物を使って実験を行ってみました、すると「黒い生成物」が生まれて、それをアルコールに溶かすと鮮やかな「紫色の溶液」が出来たのです。これが「世界初の合成染料」になったのです、本日のロゴは、そんな彼の生み出した「モーブ」の「紫」が基調になったデザインになっています。
| 23:49 | comments(0) |

本日は台湾の「阿里山森林鉄路 開通106周年」を記念したロゴデザインでした。


 2018年3月10日は「阿里山森林鉄路 開通 106 周年」という事で、Googleのデザインが変化しました、聞きなれない名前だったので調べて見ると、この鉄道は台湾のほぼ真ん中に位置する「南投県」という場所にある、山林鉄道だそうです。そして、この鉄道は台湾が日本が統治していた時代に作られたそうです。台湾の山林を豊富な材木に使おうとして、1906年に建設が開始され、最初は平地の路線作りから、その6年後に約67劼寮路が完成した事で1912年10月1日に開業されたそうです。この鉄道を作る際に伐採された木材に加え、日本は第二次世界大戦の終戦に伴い、台湾の統治を終えるまで、ヒノキを始めとする木材を国に運んだそうです。
 そんな「阿里山森林鉄路」ですが、現在は周辺に道路が開通したこともあり、観光用の鉄道に利用されているそうです。そんな本日のロゴデザインは「阿里山森林鉄路」を走る列車がデザインされています、この山は桜の名所でもあるそうで、車窓から山桜や吉野桜、八重桜などが楽しめるそうです。
| 11:58 | comments(0) |

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

新着記事

カテゴリー

コメント

過去ログ

プロフィール

ブログ内検索

リンク集

Feed

モバイル

qrcode