Entry: main  << >>

本日は2017年版「冬至」のロゴデザインになっていました。


 2017年12月22日は「冬至 2017」としてロゴデザインが変化しました、冬至は中国や日本では「二十四節季の22番目」になるそうで、1年の中で最も日照時間が短い日になっています。古代ヨーロッパでは昼の時間が短くなる、つまり太陽の力が最も衰える時期と考えられており、特別な日として儀式などが行われていたそうです。日本では「柚子」を浮かべた「ゆず湯」に入ったり、朝に小豆粥を食べたり、コンニャクを食べる風習があるそうですが、最も一般的に食べられているのは「カボチャ」でしょう。  カボチャを食べると風邪をひかない、長生きすると言われていますが、これは実は理にかなっているのです。なぜなら、カボチャは冬でも食べられる野菜の1つで、昔は夏に収穫したものを貯蔵して、冬になったら食べていたそうです。また、冬まで貯蔵されたカボチャには体にいい栄養もたくさん含まれているそうです。そんな本日のロゴデザインは、巣穴から出てスケートを楽しむネズミが、雪だるまになって戻ってくるというアニメーションになっています。
| 23:42 | comments(0) |
Comment








カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

新着記事

カテゴリー

コメント

過去ログ

プロフィール

ブログ内検索

リンク集

Feed

モバイル

qrcode