Entry: main  << >>

本日はハー・ゴビンド・コラナ氏の生誕96周年の記念ロゴデザインでした。


 2018年1月9日は「ハー ゴビンド コラナ 生誕 96 周年」という事でデザインが変化しました、このハー・ゴビンド・コラナ氏とは今から96年前、1922年頃のイギリス領だったインド帝国のパキスタンにある村で生まれ、父親に勉強を教えられ、高校に入学。そして、ラホールのパンジャブ大学で1943年に学士号、翌年には修士号を取得したのです。更にリバプール大学に移って、1948年には博士号を取得、その後はチューリッヒで研究を行い、ケンブリッジでタンパク質や核酸に関する研究に興味が出たのです。それからブリティッシュコロンビア大学、ウィスコンシン大学マディソン校、更にマサチューセッツ工科大学の教授になるなど、研究者として優秀な人物でした。  そんな彼の功績とは、生命現象を分子を使って説明する、「分子生物学」です。DNAを表す際に使われる「らせん状のモデル」も、この分野の研究がモデルになっています。そして、彼は研究の末に「遺伝子暗号の翻訳とタンパク質合成」、つまり遺伝子であるDNAは情報を暗号化して保持していて、彼は「暗号は塩基3文字ずつの言葉」だと明らかにしたのです。なので、本日のロボは彼の肖像画と、研究している彼の上に塩基3文字が並んだ遺伝子がデザインされています。
| 22:25 | comments(0) |
Comment








カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

新着記事

カテゴリー

コメント

過去ログ

プロフィール

ブログ内検索

リンク集

Feed

モバイル

qrcode