Entry: main  << >>

本日はイギリスの女性作家ヴァージニア・ウルフ氏の生誕136周年の記念ロゴデザインでした。


 2018年1月25日は「ヴァージニア ウルフ 生誕 136 周年」という事でロゴデザインが変化しました、ヴァージニア・ウルフ氏はイギリスの女性作家で、1882年に「英国人名辞典」制作の主幹、つまり仕事の中心となる役割を務めた父の次女として生まれました。その後、父は彼女の実の母と別れ、別の女性と再婚しました。しかし、この前妻、つまり実の母がチャールズ・ディケンズと並ぶイギリスを代表する文豪ウィリアム・サッカレーの娘で、辞典の制作に関わるほどだった父も蔵書家で子供時代は文学に囲まれた育ったのです。また、先の辞典を作るために父が様々な作家と交流を持った事で、彼女は文学に触れる機会が多かったのです。
 ですが、彼女が大学に進む頃になると、次々に家族が世を旅立ち、、また幼少期のトラウマが原因で一時は精神的に弱った事がありました。ですが、彼女は1900年に作家としてデビューし、自分で出版社を立ち上げるなど精力的に作品を発表しました。ですが、著作が思ったほど評価されなかったり、第二次世界大戦など精神的にストレスを抱える事が重なり、彼女は自らの手で世を去りました。ですが、彼女は20世紀のモダニズム文学を代表する作家として、こうして記念ロゴがデザインされる人物でもあったのです。そんなロゴは「Google」がサインの様な字体で、その真ん中に彼女の肖像がデザインされています。
| 14:30 | comments(0) |
Comment








カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

新着記事

カテゴリー

コメント

過去ログ

プロフィール

ブログ内検索

リンク集

Feed

モバイル

qrcode