Entry: main  << >>

本日はドイツの女性画家パウラ・モーダーゾーン=ベッカー氏の生誕142周年の記念ロゴデザインでした。


 2018年2月8日は「パウラ モーダーゾーン ベッカー 生誕 142 周年」という事でロゴデザインが変化しました、この「パウラ・モーダーゾーン=ベッカー」という人物は、ドイツで生まれ育った画家で、初期の「表現主義」を代表する女性画家の1人だそうです。父親はロシアの大学教授の息子で鉄道会社に勤め、母親は貴族の出身で、2人は7人の子供たちを文化的で知的な環境の下で育てたそうです。その3番目に当たるのがパウラ氏で、後にブレーメンに移り住んで彼は絵の個人授業を受けて、やがてベルリン芸術家協会が提供する絵画過程を受講したそうです。この様に若い頃から絵画に触れる機会があったおかげか、彼女は当時の芸術家と知り合う事もあり、また1900年代はセザンヌやゴッホ、ゴーギャンなど後期印象派の作品に出会って大きな影響を受けたそうです。
 この頃に描かれた作品は、彼女の絵画の中でも最も完成度が高いと評され、自画像や友人達の肖像画も手掛けたそうです。31歳という若さで世を去りましたが、日本でも知る人ぞ知る女性画家として本日の記念ロゴにもなっています。デザインは作品に囲まれる自画像風になっています。
| 22:53 | comments(0) |
Comment








カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

新着記事

カテゴリー

コメント

過去ログ

プロフィール

ブログ内検索

リンク集

Feed

モバイル

qrcode