Entry: main  << >>

本日はデンマークの化学者ソレン・ソーレンセン氏の記念ロゴデザインでした。


 2018年5月29日は「ソレン・ソーレンセンを称えて」という事で、Googleロゴデザインが変化しました、ソレン・ソーレンセン氏とは、デンマークの化学者で溶液の液性、つまり「酸性」・「アルカリ性」を表す物理量「pH」を提案した人物です。生まれたのはデンマークの「スラーエルセ」という小さな農家で、ソレ・アカデミーと言う場所で学んだ後、1882年にコペンハーゲン大学へ進学しました。最初は医者を目指していたそうですが、途中で化学の道へ進み、コペンハーゲン大学を卒業後はデンマーク工科大学へ進学しました。そこで、無機化学分野を中心に勉学に励み、1899年には博士号を取得、1901年頃から1938年頃までコペンハーゲンの「カールスバーグ研究所」で化学の研究を行いました。
 その研究所は醸造所内にあったので、主な研究はビール製造技術の改善や、タンパク質や酸素の性質、アミノ酸の合成に関する事でした。そんな研究の中で、溶液内の水素イオン濃度が重要だと知った彼は、1909年に濃度の指数となる「pH」を提案したのです。最初の評価は芳しくありませんでしたが、徐々に有効な指数だと判明され、今では学校の実験にも採用される程に浸透しました。そんな本日のロゴは、スタートボタンを押すと、出てくるものが「酸性」か「アルカリ性」か当てるクイズをプレイできます。
| 10:56 | comments(0) |
Comment








カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

新着記事

カテゴリー

コメント

過去ログ

プロフィール

ブログ内検索

リンク集

Feed

モバイル

qrcode