Entry: main  << >>

本日は野生動物の映像作家ハインツ・ジールマン氏の生誕101周年の記念ロゴデザインでした。


 2018年6月2日は「ハインツ・ジールマン 生誕 101 周年」という事で、Googleロゴが変化しました、ハインツ・ジールマン氏とはドイツの動物学者で、野生動物の映像作家です。ドイツのライト、現在のメンヒェングラートバッハに生まれ、1924年に両親と共に東プロインセン、現在のポーランド辺りに移住してきました。ここで彼は映画、特に動物の映画に影響を受け、自分も双眼鏡を手に観察をする様になります。あまりに熱中するあまり、学校の成績も下がりましたが、彼は後に両親からプレゼントしてもらったカメラを手に、1938年頃に野鳥を題材にした初のサイレント映像作品を制作します。そこから新しい作品を制作しようとしますが、第二次世界大戦が始まり、彼自身も無線通信士としてポズナン、現在のポーランド西部に駐留となりますが、運よく現地の大学に通い、生物学と動物学を学ぶことが出来ました。
 第二次世界大戦でドイツは負け、彼は英国軍の捕虜となりますが、彼の動物写真家としての知識と技術は高く評価され、英国BBCの為に映像作成の許可をもらい、その映像も高く評価されたのです。戦後はミュンヘンの科学教育機関のカメラマンとして活躍し、その写真や映像は各国で高い評価を受けました。そんな彼を記念したロゴは、カメラで野鳥を撮影する様子がデザインされています。
| 18:38 | comments(0) |
Comment








カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

新着記事

カテゴリー

コメント

過去ログ

プロフィール

ブログ内検索

リンク集

Feed

モバイル

qrcode