Entry: main  << >>

本日は「無血革命」に尽力した指揮者クルト・マズア氏の生誕91周年の記念ロゴでした。


 2018年7月18日は「クルト・マズア 生誕 91 周年」という事でロゴのデザインが変化しました、このクルト・アズマ氏とは世界的な指揮者で、生まれたのは旧東ドイツ、あの「ベルリンの壁」が人々の手によって解体される前は政府と市民が武力で対立しないように努めた人物でもあるそうです。父親は電気屋を営んでおり、子供時代は父親の店の手伝いをしていたそうですが、10歳の時に姉の影響でオルガン演奏に興味を持って、そこから教会でレッスンを受ける様になったのです。学生の頃はピアニストを目指していたそうですが、16歳の頃に病気で右手の小指が動かなくなり、その道は閉ざされました。また、第二次世界大戦による徴兵で音楽からも離れることに、それでも戦後は音楽院で作曲や指揮を学んで、卒業後から指揮者としての人生を歩み始めたのです。
 1955年にドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者となり、それから数々のオーケストラの指揮者を任される事になります。日本の「読売日本交響楽団」の名誉指揮者にも就任したことがあり、その名声は文字通り世界各国に知られるようになったのです。また、先にも書いた様にベルリンの壁によって政府と市民が争わなくていいように力を尽くし、この功績は「無血革命」の立役者の1人とされ、ドイツ国民に愛される指揮者でした。そんな彼を記念したロゴは、モノクロながら重厚感があるデザインで、彼の指揮が「Google」を描く様なデザインになっています。
| 19:53 | comments(0) |
Comment








カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

新着記事

カテゴリー

コメント

過去ログ

プロフィール

ブログ内検索

リンク集

Feed

モバイル

qrcode