Entry: main  << >>

本日はスコットランド出身の女性作家ジョアンナ・ベイリー氏の生誕256周年の記念ロゴデザインでした。


 2018年9月11日は「ジョアンナ・ベイリー 生誕256周年」という事でロゴのデザインが変化しました、この方はスコットランド出身の劇作家で詩人で、当時の「英国ロマン主義」を代表する女性作家の1人です。父親は牧師で、母親は有名な医学者の兄妹で、家庭は裕福でした。若い頃は活発な生活で、屋内で本を読むより、野山を駆け回るのが好きな性格だったそうです。そのため、寄宿学校へ行く9歳まで、文字が読めなかった、という逸話もあるそうです。ですが、この寄宿学校へ通うためにグラスゴーへ移住し、そこで学んだことで、知的好奇心が刺激されました。なぜなら、そのグラスゴーには劇場があり、そこで舞台を見て、演劇の虜になったのです。
 そこから紆余曲折を経て、母方の兄の妻が詩人で、彼女を通じてロンドンの文学会やサロンに参加できるようになります。詩を書く事から作家活動を始め、シェイクスピア等を勉強し、戯曲を書く様になったのです。そして、彼女は1800年代に「文壇の街」と知られたロンドンのハムステッドに移り住み、そこで詩人、歴史家等と親交を深めました。そして、28の演劇を出版し、その幾つかが演奏されたそうです。そんな彼女を記念するロゴは、劇作家らしく、舞台をモチーフにしたデザインになっています。
| 23:40 | comments(0) |
Comment








カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

新着記事

カテゴリー

コメント

過去ログ

プロフィール

ブログ内検索

リンク集

Feed

モバイル

qrcode