Entry: main  << >>

本日は2018年の「中秋の名月」を記念したロゴデザインでした。


 2018年9月24日は「中秋の名月 2018」という事でロゴデザインが変化しました、この「中秋の名月」とは「旧暦の8月15日」に行われた風習の事で、日本では「十五夜」とも呼ばれます。元々は中国から伝来した風習で、この時期に行われる祭事を平安時代の貴族などが月を眺める為に宴を開催したり、船に乗って水面に映る月を眺めながら歌を詠んだそうです。それから時代が進むにつれて月が見える場所にススキ、月見団子、他にも地方によっては里芋に枝豆、栗などを飾ってお酒を供える行事になったのです。この時期に収穫された里芋を供えることから、十五夜の月を「芋名月」と呼ぶ地方もあるそうです。仏教では、豊作を祈る満月法会を開催するところもあります。
 因みに、この時に供えられる「月見団子」ですが、地域によって形が違っており、関東では団子粉で作った丸い形で、それをピラミッド状に重ねるのが多く、関西では細長い団子に餡を巻いて供えます。他にも名古屋では三色の団子で、サイトモの形に似せて丸めたもの、中国・四国地方では串団子に餡を巻いたものがあるそうです。そんな本日のロゴは、可愛いウサギ達がお供え物を用意して、空を見上げるデザインになっています、その近くの水面にはキレイな月が映っています。
| 23:15 | comments(0) |
Comment








カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

新着記事

カテゴリー

コメント

過去ログ

プロフィール

ブログ内検索

リンク集

Feed

モバイル

qrcode